ブログBLOG

咬筋ボツリヌス治療について

2020年7月27日

咬筋の緊張をほぐし
歯ぎしりや食いしばりを改善します

咬筋ボツリヌス治療とは、ポツリヌストキシンから抽出されるタンパク質を咬筋に注入することで緊張をほぐす治療です。その結果、咬筋肥大による下記の原因を改善することが出来ます。また顎関節の治療にも使用されています。

改善が期待できる症状

顎関節症、歯ぎしり、食いしばり、顎の痛み、歯やマウスピースが割れる、頭痛、肩こり、首こり

咬筋とは

エラの部分にある咀嚼筋の1つで、食事をする時に使う大切な筋肉です。
咬筋が必要以上に強くなる事を咬筋肥大といいます。

咬筋が肥大すると?

歯ぎしりや食いしばりなどが原因で咬筋が肥大することにより、歯がかける、すり減る、マウスピースが割れるなどの悪影響を及ぼします。咬筋の強さは、他の人と比較が出来ないため自覚症状がない方がとても多いです。
簡単にチェック出来ますので、ご相談下さい。
歯科医院では口腔内を診察することにより、更に詳しく調べる事が出来ます。

咬筋 36,000円~
梅干しジワ 15,000円

※価格は税別表記です。

ボツリヌス治療Q&A

Q1. ボツリヌスの安全性について

ボツリヌス注入療法は、日本では、1996年に眼瞼痙攣、2000年に片側顔面痙攣、2001年に痙性斜頸への治療が厚生局の承認を受けています。
美容医療では、しわ取りの治療、小顔治療として一般的に使用されている治療方法です。
美容目的では、70ヶ国以上で使用されており、日本の歯科治療では、2011年頃から導入されておます。

Q2. 適応範囲について

咬筋肉、オトガイ筋(うめぼしジワ)、ガミースマイル、口角挙上など。

Q3. 治療時間について

15分程度で終了します。(表面麻酔をする場合は、40分程度)

Q4. ダウンタイムについて

特にありませんが、当日のマッサージはおやめください。

Q5. 副作用について

治療後数日は重たい感覚が残る場合があります。

Q6. 効果の持続について

持続効果は約3~6ヶ月です。
持続時間には個人差があります。

Q7. 保険適応外について

保険適応外になります。

※美容目的ではありません
※ボツリヌス注射は、当院にて、歯や歯茎検査、レントゲン撮影、顎の検査、歯のクリーニング、虫歯治療などを終え、上記の検査より、顎関節症、食いしばり、歯ぎしりと診断され、後日、カウンセリングを受けた方のみとさせていただいております。初診にて来院された即日のボツリヌス注射はしておりません。また、疾患や服用中のお薬によってはボツリヌス注射は出来かねますので、ご了承ください。
※ボツリヌスタンパクは完全無毒化されているため、人体への影響はありません。

20年、30年後の
自分の歯を守るためにも、
ぜひ一度ご相談ください。

PAGE TOP